[.Net Framework][C#] ListViewで列を自動リサイズする

カラム長を最低幅に自動調整

カラムの文字数や要素の文字数が表示できる最低限のサイズに自動調整するにはListViewの以下のメソッドを使います。

ListView#AutoResizeColumns(スタイル指定)
すべてのカラムに対して適用する。
AutoResizeColumn(カラムインデックス,スタイル指定)
特定のカラムに対して適用する。

提供されているスタイルは2種類です。

ColumnHeaderAutoResizeStyle.HeaderSize
列のヘッダ文字列が最低限表示できるサイズに自動調整する。
ColumnHeaderAutoResizeStyle.ColumnContent
現在の列に含まれる全ての要素(ヘッダ除く)が最低限表示できるサイズに自動調整する。

例:

listView.AutoResizeColumns(ColumnHeaderAutoResizeStyle.HeaderSize);
[/sharp]
<h2>カラム長を最大幅に自動調整</h2>
自動でリストの幅いっぱいのサイズまで埋めた長さに設定する方法は標準で提供されていませんが、
次のように実装することで実現できます。
[csharp]
using System.Windows.Forms;
class FillableListView: ListView
{
public FillableListView():base(){
this.ClientSizeChanged += (sender, args) =>
handleFillColumn();
// 利用例:最初の列を自動調整する。
this.AutoFillColumn = 0;
}
<pre><code>    private int _autoFillColumn = -1;
/// &lt;summary&gt;
/// リストの空列を補うよう自動調整を行うカラム番号(0~)。
/// 負の値やカラム数を超える場合は調整を行わない。
/// &lt;/summary&gt;
public int AutoFillColumn
{
get { return this._autoFillColumn; }
set
{
this._autoFillColumn = value;
this.handleFillColumn();
}
}
private void handleFillColumn()
{
System.Diagnostics.Debug.Print("fillcolumn:{0},{1}",this._autoFillColumn , this.Columns.Count);
if (this._autoFillColumn &gt;= 0 &amp;&amp; this._autoFillColumn &lt; this.Columns.Count)
fillColumnWidth(this, this._autoFillColumn);
}
/// &lt;summary&gt;
/// リストビューの特定のカラム幅を余白を埋める幅に調整する。
/// &lt;/summary&gt;
/// &lt;param name="listView"&gt;&lt;/param&gt;
/// &lt;param name="index"&gt;&lt;/param&gt;
private static void fillColumnWidth(ListView listView, int index)
{
int width = listView.ClientRectangle.Width;
for (int i = 0; i &lt; listView.Columns.Count; i++)
{
if (i == index) { continue; }
width -= listView.Columns[i].Width;
}
listView.BeginUpdate();
listView.Columns[index].Width = Math.Max(width, 0);
listView.ResumeLayout(true);
listView.EndUpdate();
}
</code></pre>
}

実装時の要点

キモは次の3つ。

  • リサイズへの対応はClientSizeChangedイベントで更新する。
  • カラム長はListView#Widthでなくクライアント領域(listView.ClientRectangle.Width)で計算する。
  • ListView#BeginUpdate()からListView#EndUpdate()の間でリサイズ変更を適用する。

の3つです。
これを守っていればどのように実装しても大丈夫です。

最後に

今回は自前での実装を行いましたが、GPLライセンスで問題なければObjectListViewというライブラリを使うと幸せになるかもしれません。

Cygwinでも apt-get (apt-cyg) を使う

apt-cyg をインストールすることでパッケージインストールをCUIで行うことができるようになります。
 
apt-cyg プロジェクト
http://code.google.com/p/apt-cyg/
 
■インストール手順:

svn –force export http://apt-cyg.googlecode.com/svn/trunk/ /usr/local/bin/
chmod +x /usr/local/bin/apt-cyg

 

■使い方:

パッケージをインストールする。
apt-cyg install <package names>
 
パッケージを削除する。
apt-cyg remove <package names>
 
setup.ini を更新する。
apt-cyg update
 
インストールされているパッケージの一覧を表示する。
apt-cyg show
 
パターン(複数可)に一致するパッケージを探す。
apt-cyg find <pattern(s)>
 
パターン(複数可)に一致するパッケージの情報を表示する。
apt-cyg describe <pattern(s)>
 
指定したコマンドやファイルを含むパッケージを見つけ出す。
apt-cyg packageof <commands or files>

Windows 用 Android ドライバのまとめ

Windows で Android SDK (adbなど)を使うための各種Android端末用 android_winusb.inf 設定一覧です。
SDKを展開したフォルダにあるusb_driver/android_winsub.inf に記述されている[Google.NTamd64]と[Google.NTx86]の両方に同じ設定を付け足してください。
 
設定適用済みandroid_winusb.inf

; HTC Dream
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C02&MI_01
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0FFF
; HTC Magic
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C03&MI_01
;
;Moto Sholes
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_22B8&PID_41DB
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_22B8&PID_41DB&MI_01
;
;Google NexusOne
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_0D02
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_0D02&MI_01
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E11
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E12&MI_01
 
; Xperia X10
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_D12E
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_D12E&MI_01
 
; HTC Desire
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87&MI_01
 
; HTC DesireHD
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0CA2
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0CA2&MI_01
 
; Samsung galaxy (galaxy S, galaxy Tab)(*)
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04E8&PID_6640&MI_00
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_04E8&PID_6640&MI_04
 
; SHARP IS01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9337&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9336&MI_05
 
; SHARP JN-DK01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9353&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9352&MI_05
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9373
 
; SHARP SH-10B(LYNX)(*)
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9334&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9333&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9332&MI_05
 
; SHARP SH-03C(LYNX 3D)(*)
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9393&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9392&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_9391&MI_05
 
; SHARP IS03
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_939C&MI_05
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_939A&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_939B&MI_01
 
; SHARP 003SH(Galapagos)
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_93B5&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_93B4&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04DD&PID_93B3&MI_05
 
; Toshiba T-01C(REGZA)
; http://www.fmworld.net/product/phone/sp/android/develop/t-01c_usb/download.html
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0930&PID_0D85&MI_01

(*)galaxy, SH-10B等についてはandroid_winusb.infへの記述だけではPCで認識できません。下記サイトからそれぞれの専用ドライバをインストールし、端末設定の「アプリケーション→開発」からUSBデバッグを有効にすることでadbなどから認識されるようになります。
 
– galaxy S, galaxy Tab
(Samsung Kies Installer に同梱)
http://jp.samsungmobile.com/pc/lineup/SC-02Bdownload.html
 
– SH-10B(LYNX)
https://sh-dev.sharp.co.jp/android/modules/driver/#sh_10b
 
– SH-03B(LYNX 3D)
https://sh-dev.sharp.co.jp/android/modules/driver/#sh_03c
 
参考:
ADB + Samsung Galaxy(stack overflow)
 
Samsung Galaxy S (Vibrant) not debugging(App Inventor Coffee Shop)
SH Developers Square(sharp) – シャープ製Android携帯のADBドライバ配布サイト。
 対応端末: SH-03C, IS03, SH-10B(LYNX), IS01

_except_handler4_common が msvcrt.dll から見つかりませんでした

ある日メッセンジャーを立ち上げようとしたところいきなり次の警告ダイアログが出るようになった。


———————–
MsnMsgr.Exe – エントリ ポイントが見つかりません


———————–
プロシージャ エントリ ポイント _except_handler4_common がダイナミック リンク ライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。


———————–

OKを押して閉じると問題なくそのまま利用でき, Firefox 3.5 を起動しようとしても同じダイアログがでる。支障がないとはいえ毎回ダイアログがでるのは鬱陶しいので調べてみたところ、Windows Vista 以降にしかないはずの dwmapi.dll が Windows XP 環境にあると発生するらしい。
 

C:\windows\system32\dwmapi.dll

を適当にリネームしたところダイアログが出なくなったのでそのまま削除して問題解決。
 
参考:
msvcrt.dll error message when starting Firefox 3.5

Windowsで「ファイル名を指定して実行」をランチャー化するカスタマイズ方法と起動コマンド一覧

http://it.kndb.jp/entry/show/id/146
 
4年くらい前から、この記事と同じようにファイル名を指定して実行(Windows+R)をランチャーとして使っています。
いちいちランチャーをインストールするより Windows の標準機能を使おうということで始めたもののこれが存外に便利。
「ファイル名を指定して実行」に慣れると Windows標準のコマンドも覚えられるし、引数対応のプログラムもフル活用できて一石二鳥、です。
 
既存のコマンドとかぶらないよう、自分ルールで頭に記号をつけたものをショートカットで作って使っています。
 
・ “+” から始まるものはディレクトリ(+bin でランチャー用ディレクトリ, +home でマイドキュメントなど)
・”@” から始まるものはプログラム短縮名(@f で firefox, @i で iexplorer(Internet Explorer), @e で Eclipse, @p で PuTTY, @n でテキストエディタ, @fz で FileZilla, @ooo で OpenOffice.org などなど)
 
とくにキーボード派にオススメです。おためしあれ。

Windows SID とユーザ名を名前解決(変換)する

Windows SID(S-1-5-21-〜などから始まる数字の羅列)を Windows のログイン名に相互変換するには、こちらで配布されているLookupSID(looksid.exe)が便利です。
 
使い方は次のとおりです。

ログイン名→SID
C:> LookSid /A tanaka
S-1-5-XX-XXXXXXXXXXXXXX-XXXXXXXXXXX-XXXXXXXXXXX-XXXX
SID→ログイン名
C:> LookSid /S S-1-5-XX-XXXXXXXXXXXXXX-XXXXXXXXXXX-XXXXXXXXXXX-XXXX
tanaka

 
参考:
うにょうにょ本舗(開発/配布元)

rsync – file has vanished

Cygwin 版 rsync を使っていると、日本語ファイル周りで

rsync: opendir “/cygdrive/c/path/to/source/フォルダ?” failed: No such file or directory (2)

とか

file has vanished: “/cygdrive/c/path/to/source/ファイル?.xls”

のようなエラーが出ることがあります。
 
これはファイル名の文字コード変換(Unicode < -> UTF8)に失敗しているために起こるエラーで、cygwin1.dll をこちらの UTF-8 Cygwinに差し替えれば直ります。
 
参考:
hebrew characters(samba.org: rsync user list)
UTF-8 Cygwin
日本語での Cygwin の仕様説明ページ。

最新版の ffmpeg をダウンロードするには

ffmpeg とは、高機能な動画編集ツールです。

以前、この ffmpeg アプリのWindows版を探し回った事があったため、配布サイトをまとめてみました。
 
ffmpeg.org
公式サイト。
 
Windows用のffmpegコンパイル済バイナリは以下のサイトで配布されています。

ffmpeg 公式 Windows バイナリダウンロードページ:

https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/

ダウンロードは、リンク先のボタンを押すだけです。

バージョンが古い可能性があるのであまりおすすめはしませんが、他にもフリーソフトに付属しているものを使うこともできます。
お気に入りの動画を携帯で見よう
SVN の HEAD を追いかけて Windows 用にビルドしたバイナリを配布しているサイト。
MingW での ffmpeg のビルド方法や依存するライブラリについても書かれています。
 
ImageMagick
ImageMagick は一部のビデオフォーマットを扱うために ffmpeg を使っているため、ffmpeg.exe をバンドルしています。
Windowsユーザでインストーラが不要な方はImageMagickのFTPサーバから、実行ファイルだけのダウンロードもできます。ファイル名が”ImageMagick-(バージョン番号)-Q16-windows.zip”のものがインストーラなし版です。
 
携帯動画変換君
ffmpegのインターフェイスとして動作するソフトです。ffmpeg が同梱されていますが、2010年9月現在、何年も更新されていないためバージョンは古めの様子。
 


Linux用 RPM は http://packages.sw.be/ffmpeg/ で最新版が順次配布されているようです。

C# で Java の final と同等の制限をかける

Java プログラマが C# を学ぶ際のメモ。final については探しても見当たらなかったので書いておきます。

定数・フィールドのfinal

定数に対しては const 識別子, コンストラクタ値を設定する書き込み禁止フィールドについては readonly 識別子を使います。

class Foo {
private const int NUM_MAX = 65535; // 定数値。コンストラクタでの遅延代入が不可。
private readonly int _id; // 書き込み禁止値。コンストラクタで遅延代入が可能。
<pre><code>public Foo(int id){
_id = id;
}
</code></pre>
}

メソッド中で、遅延代入をする方法はなさそうです。

public doSomething(){
readonly int j = 1; // これはエラー。readonly はフィールドでのみ可能。
const int N;
N = 10; // これもエラー。const は宣言と同時に代入しなければならない。
}

同様に、引数の final (引数の変数への再代入禁止)を C# で利用することはできません。

public void doSomeThing2(const int number); // const は引数には適用不可

クラスのfinal

クラスに対しては、sealed 識別子が同等の効果をもちます。

sealed class FinalClass{ /* … */ }

メソッドのfinal

Java におけるメソッドの宣言に対しての final は、C# ではデフォルトの実装のため、ポリモーフィズムについては C# のほうが Java より制限的といえます。

final でない(オーバーライド可能な)メソッドを定義するには、親で virtual 識別子をつけて宣言し、かつ子で override 識別子で明示してオーバーライドします。

override 識別子をつけている場合、さらにその子クラスでも再帰的にオーバーライドが可能です。オーバーライド可能なメソッドに対して「オーバーライドした上で子には禁止する」という動作を実装する場合は、クラスと同様に sealed 識別子を利用します。

class Parent {
public virtual void Greet(){ // オーバーライド可能
Console.WriteLine(“Hello”);
}
public void StandUp(){ // オーバーライド禁止。オーバーライドしようとするとコンパイルエラー
// …
}
}
class Child : Parent {
public override void Greet(){ // オーバーライド。明示しないとコンパイルエラー
Console.WriteLine(“Hi!!”);
}
}
class GrandChild : Child {
public sealed override void Greet(){ // オーバーライド。ただし、このクラスの子にはオーバーライドを許さない。
}
}

参考: