Mac OS X のバッテリー劣化状況を確認する

ほお、と思ったのでメモ。

MacBook AirやMacBook Pro をずっと使っていて、バッテリー(電池)の持ちがなんとなく悪くなった気がするなぁと思った事ありませんか。

そんなときにバッテリーの劣化状況を調べる方法がありました。

ターミナルから、下のコマンドを入力するだけ。

ioreg -c AppleSmartBattery | grep -i Capacity

実行すると、このように出力されます。

$ ioreg -c AppleSmartBattery | grep -i Capacity
| |           "MaxCapacity" = 4745
| |           "CurrentCapacity" = 3463
| |           "LegacyBatteryInfo" = {"Amperage"=3290,"Flags"=7,"Capacity"=4745,"Current"=3463,"Voltage"=8282,"Cycle Count"=282}
| |           "DesignCapacity" = 5100

MaxCapacityがバッテリーの最大容量、CurrentCapacyty が今のバッテリー残量、DesginCapacityが製品出荷時の(設計された)バッテリー最大容量です。

劣化状況は MaxCapacity ÷ DesginCapacity という計算をすると求められます。

上の例だと 4,745 ÷ 5,100 = 0.930392… となり、製品出荷時から比べるとパフォーマンスが93%(0.93)に減っているので、損耗率は 100 – 93 = 7% となります。

ちなみに上の例は買ってから1年のMacBook Airです。
1年フルに仕事で使ってたのですが、7%しか劣化していないのですね。
もっと劣化してると思っていたけど結構優秀。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。