コマンドラインから簡単にUDP通信を行うには

Linux/MacなどでコマンドラインからTCP通信を行うには、telnetがよく使われますね。

HTTPアクセスをtelnetで行う例:

telnet example.com 80
GET / HTTP/1.1(改行)
Host: example.com(改行)
Connection: close(改行)
(空行)
HTTP 200 OK
Content-Type: text/html
... 以下略

UDPでTCPと同じようにテキストベースの通信を行うには、netcat(ncコマンド)が便利です。
netcatはtelnetの機能拡張版ともいえるツールで、TCP/UDPプロトコルを扱う上ではぜひ導入しておきたいものです。

nc コマンドが手元にインストールされてない場合、

CentOS系Linuxなら sudo yum install netcat

Debian なら sudo apt-get install netcat

OS X(Homebrew)なら brew install netcat

でインストールできるかと思います。

netcatは基本的にはtelnetと同じ使い方ができます。

使い方:

netcat -u 接続先IPまたはホスト名 ポート

-u はUDP通信を表すオプションで、省略するとデフォルトでTCP通信になります。
telnet同様、パイプなしで実行すると、標準入力待ち状態になり、Ctrl-Cで切断できます。

また、telnetと違い、サーバになることもできます。

netcat -l -u -p port

-l は Listenモード(サーバモード)、
-u はudpプロトコルでの待受を意味します。(省略するとTCPプロトコル)
-p は待ち受けるポート番号です。

簡易通信サーバになって接続をテストすることも可能です。便利ですね。

もちろん、サーバ・クライアント両方ともncでも通信できます。

サーバ側コンソール(ローカル):

$ nc -l -p 55440 # 適当なTCPポート55440で待受(udpでもOK)

クライアント側コンソール(ローカル):

$ nc localhost 55440 # サーバにつなぐ。(TCPならtelnetでもOK)
hogehoge(改行)

こうすると、サーバ側コンソールに hogehoge と表示されます。
逆にサーバ→クライアントにメッセージを送ることも可能です。

また、上記の例では同一ホストで実行していますが、もちろんIPアドレス、ドメイン指定などで別マシンとも通信できます。

ローカルでやると動くのに、別マシンにはつながらない、という場合はファイアウォールを確認するとだいたい解決するかと思います。
終了できない!と焦ったら、Ctrl-Cを推してみましょう。

ぜひご自身で色々試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。